転倒ます雨量計の特徴

雨量計は、転倒ます雨量計と呼ばれるものが一般的です。雨水を貯めこんで重さを電気パルスに変換することで、雨量を測定する装置です。雨水を受水口から漏斗を経由して、転倒ますに雨水を貯めます。雨水の重さが一定量に到達すると。転倒ますが倒れるしくみとなっており、倒れると同時にスイッチが押され、水を排出します。スイッチが押された回数を数えることで雨量を測定することが可能となります。転倒した際には、溜まった雨水は捨てられますので、転倒ますは転倒状態から元の状態に戻ります。雨が降っている間は、この動作を繰り返し、降水量を測定し続けるといった仕掛けとなっています。降水量の換算は、直径20cm、雨量計のタイプ(0.5mm、1.0mmのいずれか)をもとに、1パルスで測定される雨量が計算できます。雨が転倒ますに流れ込むことから誤差が生じますが、0.5mmタイプの方が誤差が大きいとされています。また、凍結防止のための不凍液を入れるタンクが周囲に取り付けられているために、本体の直径よりも大きめの外観となる特徴があります。

雨量計に関する勉強の仕方

雨量計とは降水量を測る機械のことです。本来ならば、あまり生活に関係なく、その単語すら覚えていない人もいるかもしれません。しかしこの機械を使って、小学生の学習に用いられたり、公共的な気象観測には、検定に合格した貯水型雨量計又は転倒ます型式雨量計を用いたりして実用化もされています。小学生の学習面においては理科や算数はもちろん国語や社会で用いたりすることもあります。降水量を測れるだけ機械ですが、意外と小さい時に私たちはそれを使って勉強していたということです。これはもちろん、天気予報を出す際にも役に立っています。このことから考えて、私たちは意外とこれに助けられて生活しています。日々の天気予報で降水確率観るのが楽しくなってきそうですね。これからも助けられつつ、心の片隅にでも覚えておくといつかウンチクとして話せるかもしれません。

雨量計の利用方法とは

雨量計とはその名の通り雨の量を計る機会です。漏斗型の入れ物を屋外に置いて雨を機器の中に導き、その量を計測します。置き場所は時に気をつけなければいけません。機器内に入る前に雨が風などで飛ばされないように風の影響をなるべく受けない場所に設置する必要があります。また、入れ物が傾くとせっかく機器内に入った雨水が流れ出してしまう恐れがあるので水平な所に置かなければいけません。河川の氾濫や集中豪雨を未然に防ぐために雨量計はもっと重要な役割を果たしています。雨量計を自分で手に入れて降水量を計りたい場合にはペットボトルで簡単に作ることも出来ます。カッターナイフでペットボトルを切るだけなので、子供の実験に手作りのものは最適となります。降水量を計るだけではなく、自分で作って天気のことに興味を持つことが大切です。